人は睡眠中に成長ホルモンという体の修復や成長にかかわるホルモンを出していますが、成長ホルモンは胸のサイズにも影響しています。

成長ホルモンは日々の生活方法で分泌量を増やせるので、生活管理ができれば睡眠でバストアップができる可能性があります。

寝れば胸が大きくなる?睡眠が助けるバストアップ

睡眠は休息という意味でも、人にとって大事なものです。人は寝ている間に脳を休め、記憶を整理し、身体の疲れを回復させます。

また、寝ている間は身体が成長するための環境づくりを行います。昔から寝れば育つという言葉がありますが、睡眠中は体の成長が促進されることは医学的にも証明されていることです。

体の成長は胸にも影響するので、睡眠は胸の成長も睡眠で促すことができます。

バストアップを目指した睡眠方法をするには

バストアップに適した睡眠方法は、かんたんに言えば規則正しく寝ることです。

寝れば寝るほどバストアップに繋がるということではなく、規則正しい睡眠をすることで、体が少しづつ成長ホルモンを出すようになるため、胸の成長も促されていきます。規則正しい睡眠をするには規則正しい生活を送る必要があるため、睡眠方法だけではなく日々の生活習慣から改善する必要があります。

生活の中で改善するべきことは、決まった時間に起きて、決まった時間に食事をして、決まった時間に寝るという、人の生活の基本的な行動をです。

規則正しい生活を続けることで、成長しやすい睡眠になっていき、その結果寝ることが胸の成長を助けてくれます。

規則正しい生活がなぜバストアップに繋がるのか

規則正しい生活によって、決まった時間に寝て起きるという睡眠方法をしていると、身体のなかで変化が起こります。この変化は人が持つ時間を感じ取る体内時計に影響し、起きた時間を起点として身体の中の時計がリセットされます。

これが起きると、起きた時間から人の体が覚醒し、寝たときには休息に入るというサイクルを繰り返すようになり、寝ている間の休息の度合いが深くなり、良質な睡眠に近づきます。

良質な睡眠が出来るようになると、成長に必要なホルモンも多く分泌されるようになり、身体の成長を促します。その結果、胸の成長がしやすくなり、バストアップに繋がります

バストアップ睡眠法は自律神経を整えないとできない

決まった時間に寝て、決まった時間に起きることで起こる体内時計のリセットは、自律神経を整えることと同じ意味を持ちます。自律神経は人の活動に大きく影響していて、これが乱れてしまうと人の体は自覚症状が無くてもいろいろな所で問題が起きていきます。

自律神経は睡眠にも関わっていて、乱れた状態では質の良い睡眠が取りにくく、寝ても眠りが浅い、眠くならないなどの問題が起きます。

バストアップを目指すのなら、自律神経を整えて体内時計で身体が日中に覚醒モードへ、夜には休息モードに移行させ、正しい睡眠を取れるようにする必要があります

それは本当に正しいバストアップ?原因で変わるバストアップの方法

正しい睡眠は成長ホルモンを多く分泌する

正しい睡眠が必要な理由は、自律神経が乱れていると寝ているのときの成長ホルモンの分泌量が極端に減ってしまうことが多いからです。

成長ホルモンは睡眠状態になれば分泌されますが、分泌量は自律神経の状態で大きく変化します。

正常な状態であれば、睡眠に入ってから約3時間ほどで成長ホルモンの分泌量は最大になることがわかっています。正しい睡眠ができれば、疲労回復などの他に体の成功も期待できるため、バストアップにも良い結果をもたらします。

ところが、自律神経が乱れている状態では体内時計が正常に機能しないので、睡眠状態になって3時間経っても成長ホルモンの分泌が少なく、睡眠中の体の成長がうまく進まない状態に陥ります。

こうなると、バストアップに必要な体の環境が整わず、バストアップからは遠のいてしまいます。

自律神経は健康面の影響も大きく、成人病の原因や精神不安、原因不明の体調不良なども引き起こすため、健康な体が必要なバストアップには決して良い状態とは言えません。

バストアップを目指した睡眠法には、規則正しい生活による自律神経の正常化が必要です。

自律神経を正常にして睡眠の質を改善する方法

自律神経を正常にするには、決まった時間に起きて、決まった時間に寝ること、7時間以上の睡眠を取ることが基本です。

できれば朝起きて夜寝ることが望ましいのですが、昼夜逆転の生活が必要なときは、決まった時間に起きる、寝るを実践するだけでも自律神経を正常に保てます。

起きた後は早めに朝食を食べると自律神経を正常に保ちやすくなるので、出来る限り朝食を食べるようにすれば、バストアップがしやすくなる眠りを作ることができます。

食事で目指すバストアップ!胸を大きくする食材

まとめ

・質の良い睡眠は成長ホルモンを分泌させる

・睡眠の質は自律神経の状態に左右される

・良い睡眠を取れれば、眠り始めてから3時間ほどで成長ホルモンが多く分泌させる

・バストアップに繋がる睡眠法は規則正しい生活が必須

・昼夜逆転生活でも自律神経の調整はできる

関連する記事

この記事を書いた人

バストアップPLUS運営事務局