バストアップサプリの効果を引き出すには、飲むタイミングと量がポイントです。
成分量に応じてサプリの量を増やす、または減らすことや、吸収を良くする、体のしくみを利用した飲み方にするなどの工夫をすると、よりバストアップ効果を引き出せるようになります。

バストアップサプリの効果を引き出すには?

バストアップサプリの効果を引き出すには、飲むタイミングを合わせることが必要です。
特にバストアップサプリは他のサプリメントとは違い、女性の体の状態に合わせて飲まないと、あまり効果を得られません。

そのため、まずは自分の体の状態を調べることから始める必要があります。

バストアップサプリと月経周期

バストアップサプリの効果を引き出す飲み方をするには、まず自分の月経周期を知る必要があります。
一般的には月経が始まった日を1日目としたとき、28日周期で繰り返されるとされていますが、実際に28日周期で月経のサイクルを繰り返している女性は少数です。

そのため、自分で月経周期を調べないと、バストアップサプリの効果を引き出すことが難しくなります。

月経には出血が始まる卵胞期、排卵期、黄体期の3つの状態があり、バストアップサプリを飲むのは卵胞期か黄体期が効果的です。

月経周期の期間

月経周期の初期である卵胞期は、出血が始まってから約2週間続きます。
卵胞期はエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが低下して発生しますが、卵子が成熟するとプロゲステロンを放出するため、エストロゲンが少ない状態になります。
個人差はありますが、おおむね1日から2日前後の誤差で治まることが多いので、おおよそ2週間として問題ありません。卵胞期の終了の目安は、出血が治まってから約1週間です。

排卵期は卵胞期の終了後、すぐ始まって約1日から2日で黄体期に移行します。
女性ホルモンが最も高い数値を出す時期なので、バストアップサプリを飲んでしまうと、女性ホルモンが体内で多すぎる状態になってしまうため、排卵期は出来るだけバストアップサプリを飲まないほうが良い時期です。

排卵期も個人差が出ますが、期間が短いので長くなっても3日程度で終わることがほとんどです。

黄体期は月経が終了している状態の事で、黄体期に移行してから約2週間ほど続きます。
黄体期は受精の有無でホルモンバランスが変化しますが、受精していない場合はエストロゲンが高く、プロゲステロンが低い状態になり、時間が経つにつれてエストロゲンも低下していきます。

基本的に卵胞期と黄体期が長いのが月経なので、バストアップサプリを飲むタイミングは特に気にしなくても、卵胞期か黄体期に飲んでいることが多いのですが、問題はバストアップサプリの成分です。

バストアップサプリの成分は、卵胞期に飲んだほうが効果が出やすいものと、黄体期に飲んだほうが効果が出やすいものの2種類があるため、自分の月経周期を知ることはバストアップサプリの効果を引き出すために必要な準備です。

成分で変わるバストアップサプリの最適な飲み方

バストアップサプリは色々な成分が配合されていますが、主成分となるものによって月経周期の卵胞期に飲んだほうが良いものと、黄体期に飲んだほうが良いものがあります。

卵胞期に飲んだほうが良い成分

・プエラリア・ミリフィカ

現在販売されているバストアップサプリの多くに使用されているもので、強力な女性ホルモンの代替成分を含んでいます。
プエラリア・ミリフィカは女性ホルモンのなかでもエストロゲンの代わりとして作用するので、卵胞期に飲むほうが効果的です。

自分の月経周期を把握できたら、卵胞期の期間と黄体期の期間をカレンダー等で判るようにしておくと、目安にしやすいのでバストアップサプリの効果を引き出しやすくなります。

・チェストベリーとワイルドヤム

チェストベリーとワイルドヤムは、プロゲステロンに似た働きをするので、黄体期に飲めば低下したプロゲステロンを補う形になります。
ワイルドヤムは成分表記でジオスゲニンと書かれることがあるので、成分表記には注意してください。

・イソフラボンとブラックコホシュ

イソフラボンは女性ホルモンが足りないときは女性ホルモンの代わりとして、女性ホルモンが過剰なときは抑制するという働きをするため、卵胞期、黄体期どちらでも飲むことができます。

ただし、ブラックコホシュについては肝機能障害といった重篤な副作用が報告されているので、摂取量には十分注意が必要です。

バストアップサプリは量も調整しよう

バストアップサプリは、成分の配合量によって副作用の危険が出てきます。
サプリの説明で1日あたりの摂取量が指定されているので、必ず守って過剰摂取は避けてください。
特に排卵期のバストアップサプリ服用は、過剰摂取を招きやすいので注意が必要です。

過剰摂取は月経周期の乱れなどが起こり、自律神経失調や健康被害が起こることがあります。
たくさん飲めば良いというものではないので、適量を、しかるべきタイミングで飲むことを必ず守ってください。

まとめ

・バストアップサプリの服用は月経周期の把握が必要
・過剰性ッシュは健康被害の可能性がある
・飲むタイミングはバストアップサプリの成分で異なる

関連する記事

この記事を書いた人

バストアップPLUS運営事務局