女性の胸は、第二次性徴を境に成長します。
第二次性徴が起こると体内の女性ホルモンが活発になるので、何もしなくても乳房が発達します。
しかし、大人になると成長が遅くなるため、大人がバストアップを目指すときは大人向けの方法を選択する必要があります。

大人になっても胸は育つ!大人のためのバストアップ

胸の成長は、おおむね9歳から12歳の間に始まります。
個人差が有るために年齢は前後しますが、女性の胸は第二次性徴といわれる女性ホルモンの活性化で起こる成長によって、約4年をかけて基礎的な成長をしていきます。

諸説ある上に個人差も関係しますが、おおむね18歳前後で胸の成長はいったん緩やかになります
その後は生活環境や食事などによって個人差が発生し、大きな胸の人もいれば小さな胸の人も出てきます。

大人になると胸の成長は第二次性徴の時期よりも大幅に遅くなりますが、成長自体が止まるわけではありません。大人になっても胸の成長は期待できるので、あきらめる必要もありません。

どこまで育つ?大人のバストアップには限界がある

大人になってもバストアップは可能ですが、どこまで大きくなるかは個人差が大きく出てしまいます。
胸の大きさの上限には限界があるため、上限に達した場合はそれ以上大きくすることは難しくなり、手術による豊胸といった外部からの干渉が必要になります。

バストアップ自体は大人になっても出来ますが、無制限に大きく出来るわけではありません。
そのため、あまり高望みをしないことも必要になってきます。
大人のバストアップは、いきなり大きさを求めるのではなく、1サイズずつ、じっくりとサイズアップを目指していきましょう。

バストアップができるのはおおむね30代半ばが限界です。
これも個人差がありますが、40代をすぎると体の変化が起きて女性ホルモンのバランスが不安定になってくるので、バストアップ自体が難しくなります。

胸の成長を促進する年代別バストアップ法

大人のバストアップは、年代別ですこし方法が変わります。
年代が上がると難易度も上がりますが、適切な方法さえ取ることができれば、2サイズから3サイズアップできる可能性も十分にあります。

どの年代でも基本となる方法があり、バランスの取れた食事、ストレスの緩和、規則正しい生活が基本です。
基本に加えて年代によって必要な方法を加えていくことで、年代別のバストアップ方法が実行できるようになります。

少しの工夫で効果が出やすい10代のバストアップ

10代のバストアップは、基本的に食事とストレスの緩和、生活習慣の適正化のみで十分な効果を得られやすい年代です。
バストアップの難易度が低く、成功率も高い上に上限のバストサイズも高いので、3サイズ以上大きくすることも出来る場合があります

まだ成長途中なので女性ホルモンも活発に働きますが、ストレスによる女性ホルモンへの悪影響も大きいため、大きなストレスがある場合はストレスの緩和が必要です。
ストレスの緩和が達成できれば、あとは食事でバストサイズを大きくできます。

バランスの取れた食事を中心に、ホルモンバランスを整えるイソフラボンを多く含む大豆食品や、適度な炭水化物とタンパク質を取れば、バストアップができる体の環境を整えられます。

10代のバストアップは、女性ホルモンが活発なのでバストアップサプリの使用はおすすめできません
どうしてもサプリを使うのなら、イソフラボン主体のものに留めておいてください。

バストアップに豆乳が良い?イソフラボンのウソホント

やり方次第でサイズアップの幅が広い20代のバストアップ

20代でも胸の大きさに関わる女性ホルモンは活発に分泌されているので、基本的には10代と同じくストレスの緩和や食事などで十分なバストアップ効果を得られます。

しかし、20代に入ると女性ホルモンの分泌が乱れて乱高下しやすくなるので、生活習慣改善やストレスの緩和、バランスの取れた食事のほかに、女性ホルモンのバランスを整えることが必要です。

女性ホルモンの分泌が少ないときはバストアップサプリの使用も視野に入りますが、使用量の調整をしないと副作用の危険があります。
副作用を避けるには、産婦人科でホルモン検査をして、バストアップに関わる女性ホルモンであるエストロゲンの濃度を調べてもらうことが有効です。
エストロゲンの量が多ければ、バストアップサプリはイソフラボン主体のものを選択します。
エストロゲンが少ない場合はプエラリア・ミリフィカが主体のものを選択することになります。

バストアップを目指したくて『ルーナ ハーバルサプリメントプレミアム』を実際に試してみました!

じっくりと攻める必要がある30代のバストアップ

30代のバストアップはじっくりと攻めていくことが必要です。

30代になると、代謝やストレスへのの影響などに変化が現れるために胸を大きくすることが難しくなります。バストアップの方法としては20代のバストアップ方法で効果が得られますが、それに加えて他の方法を追加しないと、バストアップの成功率が落ちます。

女性ホルモンの分泌が低下し始める年代なので、30代のバストアップは、バストアップサプリで女性ホルモンを補ったり、老廃物の排出を促すために胸周辺のリンパマッサージなどの方法を追加するのが基本です。

決して手遅れではありませんが、30代のバストアップは10代、20代に比べると難易度が高いので、焦らずに基本を守りながら、追加の必要な手段を講じないと効果が得られません。

ただ、効果さえ出てしまえば、2サイズや3サイズのバストアップは可能です。

1日1回20分!ストレッチからのバストアップエクササイズ

まとめ

・大人のバストアップは若いほど効果が大きい
・基本は食事と生活改善にストレスの緩和
・産婦人科でエストロゲン濃度を調べてもらうと成功しやすい
・成功すれば3サイズアップ以上も見込める
・焦らずじっくりと行うこと

この記事を書いた人

バストアップPLUS運営事務局